メンバーインタビュー

真摯に、ブレずに、人を大切に。
“信頼される人”をめざして、
新たな当社を盛り上げたい。

山中 麻由佳/コンサルティング部

2018年に新卒入社。コンサルティング部において、主に自社プロダクト「Penglue(ペングル)」の営業を専任で担当。

「この会社は違うな」と感じた採用面接。一人ひとりと心から向き合おうとする真摯な社風に惹かれて入社。

私はコンサルティング部において、主に自社プロダクトであるチャットボット広告「Penglue(ペングル)」の営業を専任で担当しています。具体的な業務内容は、新規アポイントメントの獲得から提案、受注やメールのやり取り、改善提案などです。自社セミナーの企画運営にも携わっています。

当社との出会いは、大学在学中に新潟で参加した広告業界のイベントでした。元々広告業界に興味があり、当社も含めた複数社の選考を受けていたのですが、当社の採用面接の際、「ここの会社は他とは違うな」と感じる瞬間があったんです。
例えば、当社の面接ではただ質問をされるだけではなく、面接担当の社員が私の過去の経験を丁寧に聞いたうえで、助言をしながら一緒に強みの分析をしてくれたんです。

面接のイメージがガラっと変わった瞬間でした。素の自分を引き出してくれたうえで、自分を知ろうとしてくれている——そんな真摯な姿勢が伝わってきて、素直にうれしかったです。面談の場でも「ありのままの自分に心から向き合ってくれている」と感じる場面が多くあり、人を大切にする当社の文化に惹かれたことで入社を決めました。

クライアントの成果を伸ばすためにどうするべきか。悩んだ日々も、先輩メンバーのフォローで乗り越えられた。

インタビュー風景

配属先のコンサルティング部では、まず予算規模の大きいクライアントのサブ担当として業務に携わり、入社翌週にはクライアント先への同行も開始。半年後からは新規獲得の提案も担当するようになり、「Penglue」の専業営業としての業務も開始しました。
当社の営業では、広告運用の知識も必要とされます。営業から運用まで一貫して携わることができた案件が成果につながったときの喜びは、本当に大きなものです。
また、「Penglue」の営業では、進化を続けるサービス内容や仕様にお客様から良い反応をいただくことが多く、日々やりがいとモチベーションを感じています。

大企業であれば新人が担当できないような業務を、入社後すぐに経験できるなんて本当に恵まれた環境にいると感じています。その一方で、反省したりや落ち込んだりしたこともありました。例えばある案件で、クライアントとコミュニケーションエラーが起きてしまったことがあって。クライアントと社内をつなぐ窓口の役割しかできておらず、本質的な役割を果たせていなかったのではないか——そんな風に悩み、後悔から逃げ出したい気持ちになったこともありました。

でも、そんなときでも先輩メンバーがしっかりとフォローしてくれたんです。クライアントの成果を伸ばすにはどうしたら良いのか、今具体的に何をすべきなのか——的確な助言をしてくれる先輩メンバーの真摯な姿勢に触れて、入社前に感じた「一人ひとりと向き合おうとする社風」を再実感し、困難を乗り越えることができました。

「クライアントの成果を伸ばす」という軸は、決して変わらない。ブレない当社に負けないように、気を引き締めていきたい。

インタビュー風景

私が常に自分のなかで大切にしていること——それは「信頼される人間になりたい」という想いです。人として信頼されるためには手段は選ばないという心意気で、どんなときでも、自分に任された目の前にある業務を、まずは全力でやりきることを意識しています。

当社は2019年10月より新体制を迎えました。組織自体が活性化したことで、メンバーにもやる気と覚悟があふれ、社内にはいきいきとした雰囲気が醸成されています。変化を怖れず進化を続ける当社ですが、「クライアントの成果を伸ばす」というその根底の軸が変わることはありません。私も会社に負けないように、ブレることなく業務に取り組みたいです。

また、新代表の奥川より出された「プロフェッショナルな集団になる」との宣言にも非常に共感しており、私自身もそうなりたいと強く感じています。プロフェッショナルが集まる組織って、格好良いって思うんです。これからも気を引き締めて新たな当社を盛り上げていきたいです。

採用情報

私たちと一緒に「クライアントの事業成長のきっかけ」、「あなた自身の成長のきっかけ」を作りませんか?

採用情報を見る

お問い合わせ

デジタルマーケティング支援に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

正規認定代理店